にわか雨と雨の違い!小雨や一時雨や天気雨や通り雨とも違う?

傘と雨のしずく

「今日はにわか雨が降るでしょう!」
「今日はにわか雨が降るなら折り畳み傘でも持っていこうかな。」
外出前の天気予報でにわか雨が降ると聞いた私の心の中のつぶやきです。

スポンサーリンク

にわか雨と聞くと大したことはないけど雨は降るっていう感じですよね。
しかしにわか雨と普通の雨の違いってきちんと把握していませんでした。
そこでにわか雨と普通の雨の違いについて紹介します。
また、にわか雨は小雨や一時雨や天気雨や通り雨との違いはあるのでしょうか。

 

にわか雨と雨の違い

窓ガラスについた雨粒

にわか雨ってたまに天気予報で聞いたりしますよね。
私の場合はにわか雨ぐらいだったら折り畳み傘を持っていけばいいかなという感じです。
ちょっとぐらいの雨なら傘をささないことも多いですしね。

 

ところでにわか雨と普通の雨の違いってご存知でしょうか。
なんとなくにわか雨は弱い雨ですぐに止む雨のことなのかなーっていうイメージがありますよね。
にわか雨と普通の雨の違いはイメージ通りなのでしょうか。

 

気象庁によるとにわか雨とは「降水が地域的に散発する一過性の雨。」と説明されています。
ちょっとわかりにくのですが、急に雨が降ってきてすぐに止んでしまうような雨のことです。

 

私はにわか雨の意味を知る前まで短時間で降る弱い雨のことかと思っていました。
弱い雨や強い雨などではなく急に降ってすぐ止むような雨のことをにわか雨というようです。
私と同じように勘違いしていた人も多いかもしれませんね。
いや、そんな人はいないという声も聞こえてきそうですが。。。

 

にわか雨の「にわか」には「急に」や「突然に」や「一時的な」という意味があります。
確かににわかの意味をきちんと知っていればにわか雨の意味もすぐにわかりそうですよね。
ちなみに雨の意味は雲から降ってくる水滴で直径が0.5ミリ以上のものを指します。

 

にわか雨と普通の雨の違いは急に降り出したりやすぐに止むのかということですね。
普通の雨が降り出すときって天気が悪くなってきて雨降りそうだなーって思ってから降り出します。
いつ雨が止むのかもよくわかならない状態です。
しかしにわか雨の場合は雨の降る気配はそこまでないけど急に降り出して短時間ですぐに止むような雨ということです。

 

にわかファンとかよく聞きますよね。
この「にわか」も「突然」や「一時的な」という意味が含まれています。
にわかファンというとちょっと否定的な意味合いも含まれることが多いです。

 

個人的にはほとんどの場合は誰かが有名になってからファンになる人が多いんじゃないかなと思います。
古くからのファンと新しいファンを区別する必要もないように思うんですけどね。
元々ファンだった人から見ると嫌な気持ちもあってにわかファンという言葉を使うのでしょう。

 

話が脱線しましたが、にわか雨と普通の雨の違いについてでした。
にわか雨は急に降る一時的な雨のことなので普通の雨とは違いがあるということですね。
天気予報で「にわか雨が降るかもしれません!」と言っていた場合は急な雨になることもあるので注意しましょう。

 

スポンサーリンク

にわか雨と小雨の違い

水たまりと雨の波紋

にわか雨については上述した通りです。
にわか雨と小雨にも違いがあります。
小雨との違いはなんとなくわかった人も多いのではないでしょうか。

 

気象庁によると小雨とは「数時間続いても雨量が1mmに達しないくらいの雨。」と説明しています。
小雨は雨量が関係しているということですね。
雨が降っている時間は関係しないということです。

 

にわか雨と小雨の違いについてはなんとなくわかったことでしょう。
にわか雨だとしても小雨のこともあるということですね。
小雨のにわか雨という使い方も間違ってはいないんじゃないかなーと思います。
実際に使ったことはないのですが。

 

案外雨で濡れるのって小雨のときだったりするんですよね。
小雨だと傘はささなくてもいいやーってなってそのままのことも多いです。
ですが雨は降っているので服とかが結構濡れてしまいます。

 

小雨だとしても油断は大敵ですね。
私はこれでなんども濡れたことがあります。
小雨でも風邪を引きやすい人なんかはきちんと傘をさしたほうがいいと思います。

 

にわか雨と一時雨・天気雨・通り雨の違い

葉っぱと雨のしずく

にわか雨に似ているかなーという雨はいろいろとありますよね。
私が似ているかもと思ったのは一時雨と天気雨と通り雨です。
一時雨と天気雨と通り雨はなんとなくイメージがにわか雨と同じような気がするのですが違いはあるのでしょうか。

 

にわか雨と一時雨の違い

一時雨とは「現象が連続的に起こり、その現象の発現期間が予報期間の1/4未満のとき。」とあります。
例えば朝9時から夜9時までの天気予報が曇り一時雨だった場合は雨の時間は3時間未満ということです。
にわか雨と一時雨はそもそも使い方自体に違いがあるように思います。

 

一時雨と似ている言葉に時々雨もありますよね。
時々雨は1/4以上1/2未満となります。
12時間の天気予報が曇り時々雨だった場合は雨の時間は3時間以上、6時間未満ということになります。

 

にわか雨と天気雨の違い

天気雨とは晴天にもかかわらず雨が降っている状態です。
空を見上げると普通に晴れているのに急に雨が降ることってありますよね。
なぜ天気がいいのに雨が降るのかというと遠くの雲から降った雨が強風で流されてきたか、雨が地上に降る前に雲が消えてしまったからです。
天気雨もすぐに止みます。

 

にわか雨と天気雨の違いについては晴天かどうかでしょうか。
ただ天気雨もにわか雨の一種のような気もします。
晴れているのに雨が降ってきたら天気雨という言葉を使うことが多いかなと思います。
晴れて雨が降っているときににわか雨ってあまり使いませんよね。

 

天気雨は狐の嫁入りとも言われますよね。
なぜ狐の嫁入りと言われるのかというと「晴れの日に滾々(コンコン)と降る」からきたダジャレという説があります。
ただ、天気雨は外国でも動物が結婚すると言われているようです。
イタリアでは日本と同じように狐、韓国では虎、ブルガリアでは熊などいろいろとあるようですよ。

 

にわか雨と通り雨の違い

通り雨とはさっと降ってすぐに止んでしまう雨のことです。
なんとなくにわか雨と通り雨には違いがなく同じような感じに思えますよね。
実際に同じように使っていることも多いようです。

 

にわか雨と通り雨の違いについてははっきりと区別されていないようです。
ただし、気象庁の用語にはにわか雨はありますが通り雨はありません。
通り雨はしぐれの1つとして使われています。

 

通り雨の場合は雲が移動してきて雨が降ったり止んだりを繰り返すことがあります。
にわか雨の場合は一過性なので一時的ですぐに消える雨のことが多いです。
にわか雨と通り雨の違いというと雨の降り方とも言えるかもしれません。

 

ただ、にわか雨は絶対に雨が降ったり止んだりを繰り返さないのかというとそうでもないようです。
ですので、にわか雨と通り雨の違いについてははっきりと区別されてはいないということになるでしょう。

 

まとめ

にわか雨と普通の雨の違いについてでした。
にわか雨は急に降ってきてすぐに止んでしまう雨のことです。
雨の強さは関係ないということですね。

 

にわか雨と小雨の違いについても紹介しました。
小雨は雨量が関係しています。
小雨のにわか雨だったという場合もありえるのかなと思います。

 

にわか雨と一時雨や天気雨や通り雨の違いについえも紹介しました。
なんとなく似たようなイメージがありますよね。
この中でもにわか雨と通り雨についてははっきりと区別されないこともあるようです。

 

雨が降ると気分が落ち込むということもありますよね。
しかし雨が降らなくては農作物は育ちませんし水不足になったりもします。
災害が起きないぐらいの雨であれば降ってくれる方がいいのかなとも思います。

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました