高波と波浪の違い!高潮とも違う?最高何メートルの高さなの?

高い波

高波と波浪の違いをご存知でしょうか。
台風が接近してきたりすると「高波に注意してください」というアナウンスがあったり波浪注意報が発令されることがありますよね。
もしかして高波と波浪には違いがなく同じ意味なのではと思っている人もいるかもしれません。

スポンサーリンク

しかし高波と波浪は違います。
また、高波と高潮も違いがあるんです。
高波と波浪と高潮の違いについて紹介します。
高波は最高で何メートルの高さになったことがあるのかも紹介しますね。

 

高波と波浪の違い!

綺麗な海の波

高波と波浪って同じような意味なのかなと思ったりもしますよね。
確かに両方とも波のことを言っています。
高波も波浪もなんだか波が高くなって危険なのかなーというイメージはありますよね。

 

高波と波浪には違いがあったんです。
まずは高波と波浪のそれぞれの意味を紹介しますね。

 

高波とは「波浪注意報・警報の対象となる程度の高い波」のことです。
高波という漢字からもわかるように高い波ということですね。
普段よりちょっと高いぐらいではなく危険な高さの波ということになります。

 

波浪とは風によって発生した波そのものことです。
また、波が発生して次の波が発生するまでの周期が1秒から30秒のことを指します。
多くの場合、波は風によって発生するので波と波浪はほとんど同じ意味ということになるでしょう。

 

高波と波浪のそれぞれの意味を紹介しました。
高波と波浪の違いは波浪は波そのもののことだが、高波は危険な高さの波ということになります。

 

波浪注意報や波浪警報ってありますよね。
しかし高波注意報や高波警報はありません。
高波自体が波浪注意報や波浪警報の対象となる高さの波のことだからです。

 

ちなみに波浪に関する注意報や警報は3段階あります。

  • 波浪注意報:高波による遭難や沿岸施設の被害など、災害が発生するおそれがあると予想したとき
  • 波浪警報:高波による遭難や沿岸施設の被害など、重大な災害が発生するおそれがあると予想したとき
  • 波浪特別警報:数十年に一度の強度の台風や同程度の温帯低気圧により高波になると予想される場合

 

台風が接近してきているときなどは波浪注意報や波浪警報が発令されることが多いですよね。
しかし波浪特別警報はあまり聞いたことがないと思います。
現時点では波浪特別警報は一部の地域でしか発令されていません。
個人的には波浪特別警報って聞いたことないなと思っていたのですが発令されたことがあることに驚きました。

 

ということで、高波と波浪の違いについてでした。
海沿いなどでは高波に注意してくださいと案内があることがありますよね。
高波となる場合や波浪注意報や波浪警報が出たときは海に近づかないようにしましょう。

 

スポンサーリンク

高波と高潮の違い!

砂浜に押し寄せる波

高波と高潮も違いがあります。
なんだか似ているなという気もしますが違いがあります。
高波については上述ましたが高潮はどのような状態なのでしょうか。

 

高潮とは台風などの気圧低下により海面が異常に上昇することです。
強い暴風によっても高潮は発生します。
海面の吸い上げ効果と海水の吹き寄せ効果が原因で発生する現象です。

 

高波と高潮の違いですが高波は波が高いことで、高潮は潮位が高いことです。
波のことなのか潮のことなのかという違いがあります。

 

台風が接近してくると高波で高潮ということも普通にあります。
かなり海面が上昇しているため危険です。
満潮の時刻が重なると海面がさらに高くなり波も高い状態になります。
台風のときに海に行ってはいけないというのはこのためです。

 

高潮に関する注意報と警報は以下の3つです。

  • 高潮注意報:台風や低気圧等による異常な潮位上昇により災害が発生するおそれがあると予想したとき
  • 高潮警報:台風や低気圧等による異常な潮位上昇により重大な災害が発生するおそれがあると予想したとき
  • 高潮特別警報:数十年に一度の強度の台風や同程度の温帯低気圧により高潮になると予想される場合

 

波浪注意報や波浪警報と同じように台風が接近してきたりすると高潮注意報や高潮警報が発令されることが多いですよね。
私も聞いたりニュースで見たりしたことが何度もあります。
高潮特別警報はあまり聞きません。
しかし高潮特別警報もこれまでに発令されたことがあります。

 

津波についても違いがあります。
津波は地震や海底火山の噴火などの地形の変化により発生した大きな波です。
台風や低気圧なのか、または地震などの地形の変化なのか原因によって違いが出てきます。

 

高波は最高何メートルの高さ?

はてなマークの前に立って考える人

高波って最高何メートルぐらいの高さになるのだろうと疑問に思いますよね。
高波って言ってもそこまでではないのではと思う人もいるでしょう。
実は私も高波が最高何メートルなのか知るまでは大したことないと思っていたんです。

 

2014年にニュージーランドの気象庁が発表した高波の高さはなんと24メートルです。

24メートルの高波ってかなり高いですよね。
ちょっとどのぐらいの高さの波なのかも想像することが難しいぐらいです。

 

これとは別の高波でポルトガルでも24メートルの高波がありました。
この高波をサーフィンで乗った人がいてギネス認定されています。
サーフィンでこんな高波に乗るなんて考えられませんよね。

 

30メートル級の高波にも乗ったようですがこちらは残念ながらギネス記録にはなりませんでした。
30メートルとか恐ろしすぎます。
サーフィンなので少し間違えれば高波にのまれてしまいますしね。

 

日本での高波は何メートルの高さなのかというと最大波の推計は約24メートルというのがあります。
2004年の台風のときに高知県室戸市沖で実測の平均値が13.55メートルを観測しています。
日本でも24メートルぐらいの高波が起こっていたということですね。
やはり台風のときはかなり波が高くなるというのがわかります。

 

24メートルってどのぐらいかというと8階建てのビルと同じぐらいの高さのようです。
8階建てのビルと同じ高さの高波が発生するとか想像が難しいですよね。
実際に見たら恐ろしくてどうしようもなくなると思います。
ビルを下から眺めてもかなり高いなーって思うぐらいの高さなのにそれが動く波なんですから怖すぎますね。

 

まとめ

高波と波浪の違いでした。
同じように思えても高波と波浪には違いがありました。
台風などで高波に注意してくださいと自治体などからアナウンスがあった場合は海には近づかないようにしましょう。

 

高波と高潮も違いがあります。
台風のときは高潮で高波ということもあります。
満潮の時刻が重なるとさらに高い波となるので危険です。
ちなみに津波ともまた違いがあります。

 

高波は最高何メートルの高さなのかについても紹介しました。
それにしても24メートルの高波に乗ったサーファーとかすごすぎますよね。
私には絶対に無理です。

 

台風が日本に接近してくるときは高波と高潮になることが多いです。
沿岸部に住んでいる人は特に注意が必要ですね。
危険なので絶対に海には近づくことのないようにしてください。

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました