2019夏の気温予想!今年の暑さは?エルニーニョ現象で冷夏か?

海の上に浮かぶ太陽

「2019年の夏の気温予想ってどうなってるんだろう?」
誰でも今年の夏の暑さはどうなのか気になりますよね。
個人的には冷夏までいかなくても涼しい夏になってほしいなと思ってます。

スポンサーリンク

2018年の夏のように猛暑にはなってほしくないです。
そこで2019年の夏の気温予想を見てみました。
エルニーニョ現象の影響で今年の夏は冷夏となる可能性もあります。

※6月から8月までの夏の3ヶ月予報が発表されたので本文中に追記しています。

 

2019年の夏の気温予想

壁に設置された温度計

夏は暑い方が好きですか?
それとも涼しい夏の方が好きですか?

 

私は断然涼しい夏のほうが好きです。
2018年の夏は本当に毎日暑かったですよね。
屋外で暑いのはもちろんですが室内でも私の部屋はかなり暑くなりました。
もうクーラーがなかなか効かないぐらいだったんです。

 

気になるのは2019年の夏の気温予想です。
今年の夏の気温はどれぐらいになるのでしょうか。
去年と同じように暑くなりそうなのか、それとも今年は涼しくなりそうなのか気になります。

 

日本の気温予想といったら気象庁ですよね。
気象庁では事前に今年の夏の気温がどうなりそうか予想を発表しています。
もちろん気象庁から2019年の夏の気温予想についても発表されました。

 

気象庁が発表するものには1ヶ月予報や3ヶ月予報があります。
これとは別に夏の気温などに関する暖候期予報というものも発表しています。
暖候期予報とは名前からわかるように夏(6月から8月)の期間の気温などの予想です。

 

2019年の暖候期予報が発表されたのは2月25日でした。
まだ寒い時期に今年の夏の気温などを予想し発表しています。

 

2019年の夏の気温予想はほぼ平年並みです。

 

基本的には発表した時点での予想になります。
しかし予想が変わるときには情報が更新されるという仕組みです。

 

ですの現時点での暖候期予報が必ず当たるというものではありません。
とはいえ全然当たらないということでもないんですよね。
気温などの気象を予想するのは専門家でもかなり難しいということがわかります。

 

あくまで予想です。
予想なので外れることもあります。
その辺も踏まえて2019年の夏の気温予想をもう少し詳しく見てみてください。
今年の夏の暑さはどういう予想になっているのでしょうか。

 

スポンサーリンク

今年の夏の暑さは?

ひまわりの花

ここからは実際に気象庁で発表された2019年の夏の気温予想を元に記載します。
今年の夏の暑さはどうなるのでしょうか。
本当に涼しい夏になってほしいです。
せめて猛暑の夏にだけはなってほしくないですよね。

 

気象庁が発表する気温予想では3つの階級が示されます。
平年の気温よりも低いのか平年並みなのか高いのかです。
これら3つが確率で表示されます。

 

各地域の6月から8月における夏の平年の平均気温は以下です。

地域都市平年の平均気温
6月7月8月
北海道札幌16.720.522.3
東北仙台18.522.224.2
北陸金沢21.225.327.0
関東甲信東京21.425.026.4
東海名古屋22.726.427.8
近畿大阪23.527.428.8
中国広島23.027.128.2
四国松山22.726.927.8
九州北部福岡23.027.228.1
九州南部鹿児島24.028.128.5
沖縄・奄美那覇26.828.928.7

 

2019年の夏の気温予想は以下になっています。
各地域ごとになっているので今年の夏の暑さはどうなのか見てみてください。

 

地域低い確率平年並みの確率高い確率
北海道403030
東北403030
北陸304030
関東甲信304030
東海304030
近畿304030
中国304030
四国304030
九州北部304030
九州南部304030
奄美204040
沖縄204040

 

2019年の夏の気温予想を見てみると北海道と東北は平年よりも低い可能性があります。
とはいえ10%しか違いはありません。
少し涼しい夏になる可能性が高いぐらいですね。

 

北海道と東北以外の本州と四国と九州は平年並みの気温の予想です。
平年並みの気温ということは去年よりは過ごしやすくなるのかなと思います。
しかし夏は平年並みでも十分暑いですよね。

 

奄美と沖縄の気温予想は平年並みか高い見込みです。
奄美とか沖縄の夏って平年でも暑いのにさらに気温が高くなる可能性があるとかかなり暑そうです。
沖縄に住んでいる人はある程度高い気温には慣れていると思いますがちょっと心配ですね。

 

ということで2019年の夏の気温予想は全国的に見るとほぼ平年並みになるのかなと思います。
一部地域では少し低いまたは少し高い可能性もあります。
現時点での気象庁の予想によると私が住んでいる地域ではほぼ平年並みの夏の暑さになりそうです。

 

ただ少し心配なこともあるんです。
アメリカの気候変動に関する研究機関の発表によると2019年は2018年より暑い年になるとのことなんです。
2月のオーストラリアは真夏ですが異常な暑さになっていたとか。。。
今年が去年よりも暑くなるとすると日本の夏も暑くなる可能性もあるのかなと心配になりますね。

 

※追記

6月から8月まで夏の3ヶ月予報が発表されました。
夏の3ヶ月の平均気温は以下の予想となっています。

 

地域平均気温(6月から8月)
低い確率平年並みの確率高い確率
北日本304030
東日本303040
西日本303040
沖縄・奄美204040

 

表を見てもらうとわかるのですが以前発表された夏の気温予想よりも全国的に気温が高くなる確率が若干上がっています。
沖縄と奄美は以前の気温予想の通りです。
しかし北日本と東日本と西日本の気温予想は確率的に1段階暑くなる予想になったという感じですね。

 

北日本は平年並みの気温になる予想となっています。
しかし東日本と西日本は平年より夏の気温が高くなる確率が若干高くなりました。
とはいえ、現時点でも2019年の夏はほぼ平年並みの気温の予想となっています。

 

6月から8月までの月ごとの気温予想の確率についても見ていきます。

地域6月7月8月
北日本204040403030403030
東日本203050403030403030
西日本203050403030403030
沖縄・奄美303040204040204040

 

夏の期間である6月と7月と8月の気温を見てみるとどの地域でも6月が平年よりも高くなる可能性が高くなっています。
沖縄と奄美を除いては7月と8月は気温が低くなる確率が高いということですね。
沖縄と奄美に関しては一番暑い時期に平年よりも気温が高くなる可能性があります。

 

6月に気温が少し高くなるのならまだ夏本番ではないのでいいですよね。
むしろ7月と8月は気温が低くなる予想となっているので個人的にはちょっと嬉しいです。
あくまで現時点での確率なのでどうなるかはわかりませんが今年の夏の気温予想を見ると猛暑ではなさそうということですね。

 

2019年の夏の降水量の予想

窓についた雨の水滴

2019年の夏の気温予想について記載しましたが降水量がどうなるのかも気になりますよね。
雨が降れば気温も下がったりしますし体感的にも涼しく感じます。
今年の夏の降水量についても紹介します。

 

今年の夏の降水量は北海道・本州・四国・九州では平年並みか多い見込みです。
いつもの夏と同じぐらい雨が降るかちょっと多い可能性もあります。
梅雨の時期の6月と7月もほぼ平年並みです。
雨が少ないと水不足の心配も出てくるので平年並みというのはいいですね。

 

奄美・沖縄の今年の夏の降水量はほぼ平年並みとなっています。
梅雨の時期の5月と6月は平年並みか多いとなっています。
奄美や沖縄では台風も多いですよね。
どのぐらい台風が接近したり上陸するかにもよると思いますが現時点では平年並みの降水量と予想されています。

 

今年の夏の降水量は全国的に見ると平年並みの予想ですね。
雨は多くても少なすぎてもいろいろと影響してきますからね。
平年並みであればちょっと安心かなと思います。

 

しかし台風がどれだけ日本に接近してくるかが心配です。
台風が接近したり上陸すると一気に大雨となります。
河川の氾濫や土砂災害などが発生する可能性もあるので今年の夏も台風には十分注意が必要ですね。

 

今年の夏はエルニーニョ現象で冷夏の可能性も?

青空に浮かぶ雲

2019年5月時点でエルニーニョ現象が発生しているのをご存知でしょうか。
「えっ、いつの間に!」って思いますよね。
実は2018年11月の時点で気象庁はエルニーニョ現象が発生したことを発表しています。

 

当時は2019年の春にかけてエルニーニョ現象が続く可能性が高いと発表されていました。
しかし2019年の夏にかけてもエルニーニョ現象が続く可能性が高いと発表しています。
つまり今年の夏はエルニーニョ現象が発生している状態となるわけです。

 

エルニーニョ現象が発生していると異常気象になることがあります。
また、エルニーニョ現象が発生しているときの日本の夏は気温が下がる可能性もあるんです。
つまり今年の夏は冷夏となる可能性があるということです。

 

ただ、エルニーニョ現象になると必ず日本の夏の気温が低くなるということでもありません。
特に変わらず平年の気温ということも十分あります。
あくまで冷夏となる可能性があるということですね。

 

2000年代に入ってからの主な冷夏だった年は2003年と2009年です。
2003年と2009年の夏もエルニーニョ現象が発生していたとみられています。
ということは今年の夏ももしかすると冷夏になる可能性があるのかなと思います。
すでに10年程度は冷夏になっていないのでそろそろかなーということも考えられますよね。

 

個人的には夏の暑さが苦手なので涼しくしのぎやすい夏になってほしいです。
冷夏で農作物などに悪影響が出るのは嫌ですが平年より少し涼しくなってくれないかなーと思っています。
今年の夏の暑さはどうなるのでしょうか。

 

 

まとめ

2019年の夏の気温予想でした。
夏の気温予想は気象庁から発表されています。
現時点での予想となっていますが予想が変わる可能性もあります。

 

今年の夏の暑さはほぼ平年並みのようです。
猛暑にならないだけいいのかなと思います。
2018年の夏は本当に毎日暑くてどうしようかと思いましたからね。

 

現在エルニーニョ現象が発生しています。
2019年の夏もエルニーニョ現象が発生している状態で突入しそうです。
エルニーニョ現象が発生すると日本の夏は冷夏になる可能性があります。
しかし気温が低くならないこともあるので、もしかすると冷夏になるかもぐらいに思っておくのがいいかもしれません。

 

私と同じように夏の暑さが苦手という人も多いでしょう。
夏は外に出ると倒れそうな気がするのでできるだけ外出したくないんですよね。
今年の夏の気温が多少低くなったとしても暑いと思うので水分補給などはしっかりと行い熱中症対策は万全にしたいですね。

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました